中古(読み)チュウコ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐こ【中古】

使って、やや古くなっていること。また、その品物。ちゅうぶる。セコハン。「中古のカメラ」
主として日本文学史の時代区分で、平安時代のこと。「中古の物語文学」
その時代からある程度隔たった昔。なかむかし。中世。
「上古、―、当世」〈連理秘抄
[アクセント]1はチューコ2チューコ。

ちゅう‐ぶる【中古】

すでに使用され、少し古くなっていること。また、その品物。まだ使用できる物にいう。セコハン。ちゅうこ。「中古の車」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうこ【中古】

[0] 少し古いこと。また、そのもの。ちゅうぶる。セコハン。 「 -を買う」
[1] 日本の歴史上の、特に文学史における時代区分の一。上古と近古の間の時代。平安時代にあたる。 「 -の女流文学」
その時から見てかなりの隔たりを感じる昔。なかむかし。中世。 「神武は-となりて/正統記 神武

ちゅうぶる【中古】

少し使って古くなっているが、まだ使える物。セコハン。ちゅうこ。 「 -の自動車」 「 -品」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐こ【中古】

〘名〙
① その時点からある程度年代のへだたった昔。なかむかし。中世。
※続日本紀‐神亀元年(724)一一月甲子「其板屋草舎、中古遺制、難営易破」
※神皇正統記(1339‐43)上「神武は中古となりて、もろこしの詞によりてさだめたてまつる御名也」 〔易経‐繋辞下〕
② 歴史の時代区分の一つ。上古と近古との間の時期。大化二年(六四六)の大化改新の詔(みことのり)から建久三年(一一九二)源頼朝が鎌倉幕府を開いたころまでをいう。文学史では、一般に平安時代を中心にした時期をいう。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉四「詩は本と支那の歌にして〈略〉中古より盛に行はれて」
③ ちょっと古いこと。また、その品。ちゅうぶる。中古品
※ついに太陽をとらえた(1954)〈読売新聞社編〉米独に対抗した日本「戦えば必ず敗れるはずの中古兵器をもらう保安隊には」

ちゅう‐ぶる【中古】

〘名〙 (形動) 物が少し古くなったこと。また、そのものや、そのさま。新品に対して、一度使用したもので、まだ使用に耐える物。セコハン。ちゅうこ。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一三(1763)智一「中ふるな顔が町内引き合はせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中古の関連情報