中古(読み)チュウコ

  • ちゅうぶる

デジタル大辞泉の解説

使って、やや古くなっていること。また、その品物。ちゅうぶる。セコハン。「中古のカメラ」
主として日本文学史の時代区分で、平安時代のこと。「中古の物語文学」
その時代からある程度隔たった昔。なかむかし。中世。
「上古、―、当世」〈連理秘抄
[アクセント]1はチューコ2チューコ。
すでに使用され、少し古くなっていること。また、その品物。まだ使用でる物にいう。セコハン。ちゅうこ。「中古の車」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① その時点からある程度年代のへだたった昔。なかむかし。中世。
※続日本紀‐神亀元年(724)一一月甲子「其板屋草舎、中古遺制、難営易破」
※神皇正統記(1339‐43)上「神武は中古となりて、もろこしの詞によりてさだめたてまつる御名也」 〔易経‐繋辞下〕
② 歴史の時代区分の一つ。上古と近古との間の時期。大化二年(六四六)の大化改新の詔(みことのり)から建久三年(一一九二)源頼朝が鎌倉幕府を開いたころまでをいう。文学史では、一般に平安時代を中心にした時期をいう。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉四「詩は本と支那の歌にして〈略〉中古より盛に行はれて」
③ ちょっと古いこと。また、その品。ちゅうぶる。中古品。
※ついに太陽をとらえた(1954)〈読売新聞社編〉米独に対抗した日本「戦えば必ず敗れるはずの中古兵器をもらう保安隊には」
〘名〙 (形動) 物が少し古くなったこと。また、そのものや、そのさま。新品に対して、一度使用したもので、まだ使用に耐える物。セコハン。ちゅうこ。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一三(1763)智一「中ふるな顔が町内引き合はせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中古の関連情報