東山(読み)ひがしやま

  • (通称)
  • とうさん
  • とうざん
  • 地名
  • 姓氏

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩手県南端,一関市中北部の旧町域。北上川の支流砂鉄川沿いにある。 1955年長坂村と田河津村が合体して東山村となり,1958年松川村を編入して町制。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,室根村,川崎村の6市町村と合体して一関市となった。地名は古代以来の地域名による。中世以降葛西氏一門の所領であったが,のち伊達氏が支配。大部分北上高地南部の丘陵地帯に属し,耕地は砂鉄川の流域に開ける。米作畜産が中心。石灰岩の埋が豊富で,セメント工場がある。伝統の手すき和紙である東山和紙 (とうざんわし) や紫雲石 (しうんせき) のは特産。石灰岩地帯を流れる砂鉄川の両岸に形成された猊鼻溪は国の名勝に指定されている。
京都府京都盆地北東部にある丘陵性の山地京都市の旧市街の東をかぎり,南北に連なる。最高峰如意ヶ岳(477m)。北は大文字山(466m)から南は桃山丘陵にいたり,延長約 10km。清水山(243m),稲荷山(233m)などのが連なり「東山三十六峰」と称される。一帯は東山特別風致地に指定。山稜上を,九条山から将軍塚を経て渋谷にいたる東山ドライブウェイが走る。山麓沿いに慈照寺南禅寺知恩院八坂神社円山公園清水寺東福寺伏見稲荷大社などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「とうざん」とも》東方の山。
東山道」の
「義仲も―北陸両道をしたがへて」〈平家・七〉

東方の山。
京都市の東を限る山々。丘陵性の山地で、如意ヶ岳稲荷山などが連なり、東山三十六峰とよばれる。山清水寺知恩院などがある。→西山
京都市の区名。鴨川の東に位置する。昭和51年(1976)山科(やましな)区を分区。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

京都市街東側の山地。北の如ヶ岳(最高峰,474m)から南の稲荷山まで標高200〜450mの起伏が連なり,東山三十六峰と呼ばれる。《枕草子》の冒頭は東山の景観を描いたものとされ,平安京遷都前は葬地であり,のちには貴族の別業(別荘),花の名所としても知られる。如意ヶ岳西方の大文字山は大文字の送り火で有名。東山ドライブウェーが通じ,西麓には古社寺が多い。花山(かざん)山には花山天文台がある。
→関連項目京都[市]鳥辺山東山[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

京都盆地の東側の山地,または鴨川東岸のその山麓部一帯の総称。山地をさす場合,北は比叡山から南は稲荷山までとするのが一般的であり,京都市左京区,東山区山科区伏見区にまたがる。南北に連なる東山の峰々は〈東山三十六峰〉とも称されるが,諸説あってそのすべてを確定することはできない。山腹送り火がたかれる大文字山(466m)とその東の如意ヶ岳(474m)をほぼ中心に,北側は花コウ岩,南側は古生層からなり,概して南側の方はなだらかで,嵐雪のふとん着て寝たる姿や東山〉はよく知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「とうざん」とも) 東方の山。ひがしのやま。
※文華秀麗集(818)上・秋夕南池亭子臨眺〈淳和天皇〉「明月東山看漸出、莫愁白日巖頭曛」 〔詩経‐豳風・東山〕
※万葉(8C後)六・九七二・左注「右撿補任文八月十七日任東山々陰西海節度使
[1] 中国、浙江省紹興市の南方、上虞県の西南にある山。東晉の謝安が妓をたずさえて隠棲した所。雲門山。
[一] 特に京都市の東縁に連なる丘陵性の山地。主峰は如意ケ岳(にょいがだけ)(四七〇メートル)。その温和な山容は鴨川とともに京都の自然美の代表的なものとして親しまれている。古来、京都を守る軍事上の要地となり、平安時代以降は、貴族の別荘地としても知られた。ふもとに清水寺・知恩院などがある。東山三六峰。
※平家(13C前)灌頂「建礼門院は、東山の麓、吉田の辺なる所にぞ立いらせ給ひける」
[二] 京都市の行政区の一つ。東山の南部と鴨川にはさまれた地域で、古くからの京都市街地の東南部を占める。昭和四年(一九二九)上京区から分離して新設された。同六年に宇治郡山科町を編入したが、山科区として同五一年に分区。知恩院・八坂神社・清水寺・東福寺・三十三間堂などの社寺があり、京都の代表的な花街の祇園がある。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の東山の言及

【納骨】より

…このような蔵骨器,骨壺は奈良時代のものが多数発見されており,青銅製のほかに陶製,銀製,ガラス製,石製,木製などがある。これらはとくに霊場に納めたものでないが,霊場としては《類聚雑例》に,921年(延喜21)中納言源当時の遺骨を粉にして一器に入れ,東山住僧蓮舟法師の私寺屋に安置した,とあるのが古い。これは京都東山が霊場で,修行者や念仏聖(ひじり)のあつまるところだったので,その1人の住坊に預けて供養せしめたものである。…

※「東山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東山の関連情報