コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山 ひがしやま

20件 の用語解説(東山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山
ひがしやま

岩手県南端,一関市中北部の旧町域。北上川の支流砂鉄川沿いにある。 1955年長坂村と田河津村が合体して東山村となり,1958年松川村を編入して町制。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,室根村,川崎村の6市町村と合体して一関市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

東山
ひがしやま

京都府京都盆地北東部にある丘陵性の山地。京都市の旧市街の東をかぎり,南北に連なる。最高峰如意ヶ岳(477m)。北は大文字山(466m)から南は桃山丘陵にいたり,延長約 10km。清水山(243m),稲荷山(233m)などの峰が連なり「東山三十六峰」と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐さん【東山】

《「とうざん」とも》東方の山。
東山道」の略。
「義仲も―北陸両道をしたがへて」〈平家・七〉

ひがし‐やま【東山】[地名]


東方の山。
京都市の東を限る山々。丘陵性の山地で、如意ヶ岳稲荷山などが連なり、東山三十六峰とよばれる。山麓に清水寺知恩院などがある。→西山
京都市の区名。鴨川の東に位置する。昭和51年(1976)山科(やましな)区を分区。

ひがしやま【東山】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「東山」姓の人物
東山彰良(ひがしやまあきら)
東山魁夷(ひがしやまかいい)
東山千栄子(ひがしやまちえこ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

東山【ひがしやま】

京都市街東側の山地。北の如意ヶ岳(最高峰,474m)から南の稲荷山まで標高200〜450mの起伏が連なり,東山三十六峰と呼ばれる。《枕草子》の冒頭は東山の景観を描いたものとされ,平安京遷都前は葬地であり,のちには貴族の別業(別荘),花の名所としても知られる。
→関連項目京都[市]鳥辺山東山[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ひがしやま【東山】

福島の日本酒。酒名は、朝日が昇る山の意で創業時に兵庫の酒造家から譲り受けたもの。蔵元の「東山酒造」は明治期創業。現在は廃業。蔵は会津若松市相生町にあった。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしやま【東山】

京都盆地の東側の山地,または鴨川東岸のその山麓部一帯の総称。山地をさす場合,北は比叡山から南は稲荷山までとするのが一般的であり,京都市左京区,東山区,山科区,伏見区にまたがる。南北に連なる東山の峰々は〈東山三十六峰〉とも称されるが,諸説あってそのすべてを確定することはできない。山腹で送り火がたかれる大文字山(466m)とその東の如意ヶ岳(474m)をほぼ中心に,北側は花コウ岩,南側は古生層からなり,概して南側の方はなだらかで,嵐雪の句〈ふとん着て寝たる姿や東山〉はよく知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうさん【東山】

〔「とうざん」とも〕
東の山。
◇ 「東山道」の略。 「東海・-の国々/今昔 25

ひがしやま【東山】

京都市の東を限る丘陵性の山地。如意ヶ岳(海抜474メートル)を中心になだらかな山々が続き、東山三十六峰といわれる。山麓に銀閣寺・知恩院などがある。 → 西山

ひがしやま【東山】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東山の言及

【納骨】より

…このような蔵骨器,骨壺は奈良時代のものが多数発見されており,青銅製のほかに陶製,銀製,ガラス製,石製,木製などがある。これらはとくに霊場に納めたものでないが,霊場としては《類聚雑例》に,921年(延喜21)中納言源当時の遺骨を粉にして一器に入れ,東山住僧蓮舟法師の私寺屋に安置した,とあるのが古い。これは京都東山が霊場で,修行者や念仏聖(ひじり)のあつまるところだったので,その1人の住坊に預けて供養せしめたものである。…

※「東山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東山の関連情報