コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

父の終焉日記 ちちのしゅうえんにっき

2件 の用語解説(父の終焉日記の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】

日記。一冊。小林一茶著。1801年、一茶三九歳の夏、父の発病から死去に至るまで約一か月間の看護日記。みとり日記。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】

小林一茶の日記。享和元年(1801)、一茶の帰郷中に急病で死んだ父親との最後の日々を綴る。父への思い、継母・義弟との遺産がらみの対立などが生々しく描かれており、日本の私小説ルーツともされる。もとは無題で、現題名は大正時代の一茶研究家、束松露香によるもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

父の終焉日記の関連キーワード享和辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之藤簍冊子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone