コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

父の終焉日記 ちちのしゅうえんにっき

大辞林 第三版の解説

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】

日記。一冊。小林一茶著。1801年、一茶三九歳の夏、父の発病から死去に至るまで約一か月間の看護日記。みとり日記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちちのしゅうえんにっき【父の終焉日記】

小林一茶の日記。享和元年(1801)、一茶の帰郷中に急病で死んだ父親との最後の日々を綴る。父への思い、継母・義弟との遺産がらみの対立などが生々しく描かれており、日本の私小説ルーツともされる。もとは無題で、現題名は大正時代の一茶研究家、束松露香によるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

父の終焉日記の関連キーワード徒野・仇野・化野臼搗く・舂く息だうしほろほろ美しくも感ける世下る死去徒野俳文清和発病

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android