コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従法線 じゅうほうせんbinormal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従法線
じゅうほうせん
binormal

法線ともいう。一般に,空間曲線上の1点で接触平面に垂直な直線を,その曲線の従法線という。弧長 s を助変数として,曲線 CXX(s) で表わしたとき,単位接線ベクトル ξ1 および単位主法線ベクトル ξ2 は,X'=ξ1 および X''=κξ2 ( κ は C の曲率) で定めることができる。ここでこれら2つの単位ベクトルの外積 ξ3=ξ1×ξ2 をつくれば,ξ3接線および主法線に垂直となり,接触平面にも垂直である。この単位ベクトル ξ3 は,従法線の方向を向いている。 ξ3 を単位従法線という。従法線と接線の定める平面を展直平面という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の従法線の言及

【接触平面】より

…これは点PにおけるCの接線を含んでいる。点Pにおいて接線に直交する接触平面内の直線を曲線Cの主法線といい,Pにおいて接触平面に直交する直線を曲線Cの従法線という(図)。Cが平面上の曲線の場合には,その平面が接触平面である。…

【法線】より

…この平面をPにおけるCの法平面という。空間曲線に対しては,点Pにおける接触平面上にある法線を主法線といい,接触平面に垂直な法線を従法線,または陪法線という(図1)。曲面S上の1点PにおいてSに接平面がつくれるとき,Pを通りこの接平面に垂直な直線をPにおけるSの法線という(図2)。…

※「従法線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

従法線の関連キーワード微分幾何学縮閉線外積

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android