コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触平面 せっしょくへいめん osculating plane

2件 の用語解説(接触平面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接触平面
せっしょくへいめん
osculating plane

空間曲線 C 上の1点Pにおける接線主法線とによって定まる平面をいう。空間曲線ベクトル方程式を用いて xx(t) (atq) で表わし,t0t0ht0k に対応する点をそれぞれ P(t0) ,Q(t0h) ,R(t0k) とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せっしょくへいめん【接触平面 osculating plane】

Cを空間における曲線とし,PをC上の1点とする。いま,曲線C上にP以外の異なる2点Q,Rをとって,3点P,Q,Rを通る平面をαとし,QおよびRを曲線Cに沿って限りなくPに近づける。このときαが限りなく近づく一定の平面が存在すれば,この平面を点Pにおける曲線Cの接触平面という。これは点PにおけるCの接線を含んでいる。点Pにおいて接線に直交する接触平面内の直線を曲線Cの主法線といい,Pにおいて接触平面に直交する直線を曲線Cの従法線という(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

接触平面の関連キーワード曲率曲率円空間曲線伸開線接線接平面漸近線法線ねじれ(捩れ)配景

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone