コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合直文 おちあい なおぶみ

美術人名辞典の解説

落合直文

国文学者・歌人。陸前生。幼名は亀次郎、のち盛光、号に桜舎・萩之舎等。直亮養子。国語・国文学の泰斗として知られる。また短歌革新を目ざして浅香社を結成し、与謝野寛ら多くの歌人がここから生まれた。流麗な調べの歌を残した。明治36年(1903)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

落合直文【おちあいなおぶみ】

歌人,国文学者。陸前伊達藩の重臣鮎貝の家に生まれ,国学者落合直亮(なおあき)の養子となる。号は萩之家(はぎのや)。東大古典講習科中退。《日本文学全書》刊行など国文学者としての業績のほか,《青葉茂れる桜井の》《孝女白菊の歌》の作者として知られ,和歌改良をめざして浅香社を結成,与謝野鉄幹尾上柴舟らの門下を育てた。
→関連項目金子薫園しからみ草紙新体詩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合直文 おちあい-なおぶみ

1861-1903 明治時代の国文学者,歌人。
文久元年11月15日生まれ。落合直亮(なおあき)の養子。明治15年東京大学古典講習科に入学。のち皇典講究所(現国学院大)講師,第一高等中学校などの教師となる。短歌革新をめざし,26年浅香(あさか)社を結成。古典の普及や国語教育にもつとめた。叙事詩「孝女白菊の歌」で知られる。明治36年12月16日死去。43歳。陸奥(むつ)本吉郡(宮城県)出身。旧姓は鮎貝。号は萩之家。
【格言など】書を読まば最上の書を,師を択(えら)ばば第一流の人を(与謝野鉄幹に与えたことば)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

落合直文

没年:明治36.12.16(1903)
生年:文久1.11.15(1861.12.16)
明治時代の国文学者,歌人。号は萩之家。陸奥国本吉郡(宮城県気仙沼市)生まれ。鮎貝盛房・としの子,落合直亮の養子。神宮教院を経て,明治15(1882)年,東京大学古典講習科に入学。21年,皇典講究所講師となり,長編新体詩「孝女白菊の歌」を発表。22年,一高の教師に迎えられる。この年,『日本主義の未来』を発表し,西洋崇拝に対する反動としての皮相な日本主義の風潮に警告を発して,「真正の日本主義」を唱えた。時流に迎合しない落合の気骨がうかがわれる。また,池辺義象,萩野由之らと『日本文学全書』全24巻(1890~92)を共編。26年,短歌の革新を意図して,近代初の短歌結社浅香社を創立し,与謝野寛(鉄幹)らを育成した。29~31年,国語辞書『ことばの泉』(『言泉』)を編集。31年,病気のため一高を辞職,以後は著述に専念した。落合秀男編『落合直文著作集』(1991)がある。

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おちあいなおぶみ【落合直文】

1861‐1903(文久1‐明治36)
明治の歌人,国文学者。号は萩之家(はぎのや)。宮城県生れ。伊達藩の名門鮎貝(あゆかい)家に生まれ国学者落合直亮(なおあき)の養子となる。東大古典講習科中退。一高,国学院などで教鞭をとるかたわら国語国文学の普及に力をそそぎ,《日本大文典》(1894‐97),国語辞典《ことばの泉》(1898‐99,のち《言泉》)などを出した。1888年長編叙事詩《孝女白菊の歌》で名声を得,93年4月にあさ香社を創立,実弟鮎貝槐園(かいえん),与謝野鉄幹らの俊秀を集めて新派和歌の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おちあいなおぶみ【落合直文】

1861~1903) 歌人・国文学者。仙台の人。旧姓、鮎貝。号、萩之家。国語伝習所などに出講。浅香社を結成し、和歌革新を唱えて近代短歌の基盤をつくった。長詩「孝女白菊の歌」、著「日本大文典」「ことばの泉」など。没後「萩之家遺稿」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落合直文
おちあいなおぶみ

[生]文久1(1861).11.22. 陸前,松岩
[没]1903.12.16. 東京
歌人,国文学者。号,桜舎,萩之家。神宮教院 (1877) ,二松学舎 (81) ,東京大学古典講習科 (82) に学び,国史,国文,漢学を修得。 1889~98年第一高等中学教師。国語伝習所の創立 (89) に関係して晩年まで同所主任講師をつとめた。一方,89年,森鴎外に協力して「新声社」を結び,訳詩集『於母影 (おもかげ) 』を発表,続いて 93年2月,「あさ香社」を結成し,個性の尊重に基づく和歌革新の機運を導き,与謝野鉄幹,武島羽衣,尾上柴舟,金子薫園ら多くの逸材を育てた。国語辞書『ことばの泉』 (98完成) を編纂。長編新体詩『孝女白菊の歌』 (88~89) ,小学唱歌になった『湊川』 (99) は広く知られた。『萩之家遺稿』 (1904) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

落合直文
おちあいなおぶみ
(1861―1903)

歌人、国文学者。文久(ぶんきゅう)元年11月22日、陸前国(宮城県)伊達(だて)家の重臣鮎貝(あゆかい)家に生まれ、幼名亀次郎。桜舎(さくらのや)、萩之家(はぎのや)と号した。落合直亮(なおあき)の養子となり、名を直文と改めた。伊勢(いせ)神宮教院に学び、国史、国文を修めた。1881年(明治14)上京、翌年東京大学古典科に入学したが、83年兵役のため中退、88年皇典講究所の国文教師となる。この年、長詩『孝女白菊の歌』を『東洋学会雑誌』に発表、七五調のロマン的叙事詩で反響をよぶ。92年、雑誌『歌学』創刊号に新しい歌観を示した和歌革新論を述べた。『日本大文典』『ことばの泉』などの編著があり、国文学者、教育者としても業績を残した。93年「あさ香社」を結成し、新派和歌の結社として与謝野鉄幹(てっかん)、金子薫園(くんえん)、尾上柴舟(おのえさいしゅう)ら多くの俊秀を育成。詩・短歌・文の改良を意図し、実作に示していった。
 歌の特色は、国士的な感慨を詠んだ作風から詠史的優雅な境地となり、主情的なものから人生の哀れに透徹した境地を生み出し、流麗な調べをもつ作風。明治36年12月16日没。没後『萩之家遺稿』(1904)、『萩之家歌集』(1906)がある。[藤岡武雄]
 緋緘(ひをどし)の鎧(よろひ)をつけて太刀佩(は)きて見ばやとぞ思ふ山桜花
『『明治文学全集44 落合直文他集』(1968・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の落合直文の言及

【於母影】より

…1889年(明治22)8月2日《国民之友》第58号の綴込み夏季付録として発表された。訳者は〈S.S.S.〉(新声社の略),メンバーは森鷗外,小金井良精夫人で鷗外の妹喜美子,落合直文,市村瓚次郎(さんじろう),井上通泰。鷗外の翻訳作品集《水沫集(みなわしゆう)》(1892)に再録するときに2編を加えて全19編となった。…

※「落合直文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落合直文の関連キーワード宮城県気仙沼市松崎片浜しがらみ草紙久保 猪之吉めさまし草田中 夕風野中千代子久保猪之吉片桐 顕智服部 躬治内海弘蔵金子元臣片桐顕智毛呂清春然は言え服部躬治塩井雨江野中至野中到新声社漢学

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android