コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得法 トクホウ

デジタル大辞泉の解説

とく‐ほう〔‐ホフ〕【得法】

仏法の真理を会得すること。転じて、物事の奥義をきわめること。
「天下に許され、能に―したりとも」〈花伝・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくほう【得法】

〘仏〙 真理に到達すること。悟ること。特に禅宗などでいう。得道。
物事の奥義をきわめること。 「たとひ、天下に許され、能に-したりとも/風姿花伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

得法の関連キーワード斡旋利得処罰法グラックス兄弟ゴースト暗算私聚百因縁集セネカ(大)チェロキー族エクイテスハウツー物黄檗大潮仏乗慈僊所得政策仰山慧寂無著道忠風姿花伝無門関URL仏法解糖真盛牧畜

得法の関連情報