徙民政策(読み)しみんせいさく(英語表記)xǐ mín zhèng cè

世界大百科事典 第2版の解説

しみんせいさく【徙民政策 xǐ mín zhèng cè】

中国の歴代王朝がときに応じて行った政策で,一定の政治目的のために人民を強制的に他地に移住させることをいう。移住させられる民を徙民という。史上最も早い例は,が殷を滅ぼしたのち,その〈頑民〉を新都洛陽に移した事例である。高祖が旧六国の大族を関中に移し,武帝が郡国の豪傑で300万銭以上の資産家を茂陵に移した諸例も著名である。このように政権にとって警戒すべき勢力や経済力のある者を首都周辺に集中して中央集権を強化しようとするのが一つの目的であるが,漢の武帝の河西四郡設置のように,占領地における植民を目的とすることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android