コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御冠船 おかんせん

大辞林 第三版の解説

おかんせん【御冠船】

明・清の時代、中国から冊封使さくほうしを琉球に運んだ船。冠船。冊封使船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御冠船
おかんせん

琉球(りゅうきゅう)国王の代替わりごとに冊封(さくほう)を行うため、中国皇帝の名代で派遣される使節の乗る船の俗称。冊封使船、封王使船ともいう。沖縄の方言では「ウクヮンシン」と称す。琉球国王は明(みん)・清(しん)2代にわたって中国皇帝の冊封を受けた。派遣される使節を冊封使といい、総勢400人ほどの人員が約半年間琉球に滞在した。一行は皇帝の名で国王の即位式を挙行したが、このとき皇帝より与えられた冠を国王にかぶせる儀礼があった。御冠船の名のおこりは、使節の乗船がこの冠を持参してくることに由来する。即位式が済むと国王主催の宴が七度開催されるのが習わしで、その席で使節を慰めるために琉球の芸能が演じられた。沖縄独特の演劇である組踊(くみおどり)あるいは琉球舞踊、三味線音楽などはこのために発達したものであり、この芸能を称して御冠船踊、あるいは単に御冠船と称することもある。使節は帰任後、琉球の国情を皇帝に復命したが、この復命書は一般に冊封使録と称され、沖縄歴史研究の重要な文献資料となっている。[高良倉吉]
『島尻勝太郎著『近世沖縄の社会と宗教』(1980・三一書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

御冠船の関連キーワード真境名 佳子島袋 光史新垣 松含金武 良章沖縄芸能沖縄料理野村安趙知念積高知念績高玉城盛重玉城朝薫冊封使冠船端踊組踊