コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御出でなさる オイデナサル

デジタル大辞泉の解説

おいで‐なさ・る【出でなさる】

[動ラ五(四)]
行く」「来る」「居る」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。「どちらへ―・るのですか」「事務所にはいつも―・るということです」「たいそうきまじめな方で―・る」
(補助動詞)動詞・形容詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、…ている、の意の尊敬を表す。「おそくまで残って―・ったそうですね」「品行がよくて―・るお方と聞きました」→おいでなさい
[動ラ下二]おいでなされる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おいでなさる【御出でなさる】

( 動五[四] )
「行く」「来る」「いる」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。 「アメリカにはいつ-・るのですか」 「いつまで東京には-・るおつもりですか」 「そら、やっこさんおいでなすった」 「今日は里へ-・るのでございますかえ/人情本・英対暖語」
(補助動詞) 動詞・形容詞の連用形に「て(で)」を添えた形に付き、「…ている」の意の尊敬を表す。 「まだ疑って-・るのですか」 「大層おとなしくて-・る」 〔命令形は「おいでなさい」。連用形は、「ます」に続くときは「おいでなさいます」となり、「た」「て」に続くときは、「おいでなすった(て)」の形も用いられる〕
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御出でなさるの関連キーワード接続助詞補助動詞連用形形容詞御前品行

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android