コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居る イル

4件 の用語解説(居るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いる〔ゐる〕【居る】

[動ア上一][文][ワ上一]《じっと動かないでいる、低い姿勢で静かにしているのをいうのが原義で、「立つ」に対する語》
人や動物が、ある場所に存在する。「ペンギンは北極にはない」「そこにいるのは誰ですか」
住む。滞在する。「ロンドンにいる兄からの便り」
移動するのをやめて、そこにとどまる。
㋐静止している。「動かないで、そこにいるんですよ」
㋑すわる。しゃがむ。
「立ちてて見れどもあやし」〈・四〇〇三〉
㋒鳥が、とまる。
「後徳大寺の大臣(おとど)の寝殿に、鳶させじとて」〈徒然・一〇〉
㋓雲や霞などがかかり、じっととどまる。
「筑波嶺(つくばね)の嶺ろに霞過ぎかてに息づく君を率(ゐ)寝て遣らさね」〈・三三八八〉
㋔船が浅瀬につかえて動かないでいる。
「みさごゐる渚(す)にゐる舟の漕ぎ出なばうら恋しけむ後(のち)は相寝(あひぬ)とも」〈・三二〇三〉
草や氷などが生じる。できる。
「池などある所も水草(みくさ)」〈・一七八〉
「つららて守る岩間の関なればよをへてかたくなりまさるかな」〈堀河百首
ある地位につく。
「春宮(とうぐう)には若宮給ひにけり」〈宇津保・国譲下〉
(「腹ゐる」の形で)怒りが治まる。「腹立つ」に対する語。
「妻(め)の腹にければ、重方がいはく」〈今昔・二八・一〉
(補助動詞)動詞連用形に接続助詞「」が付いた形に付く。
㋐動作・状態が続いて、現在に至ることを表す。「猫が鳴いている」「花が咲いている
㋑動作・作用の結果が、続いて現在もあることを表す。「枝が枯れている」「窓があいている
㋒現在の状態を表す。「彼の気持ちはもう変わっている

お・る〔をる〕【居る】

[動ラ五][文]を・り[ラ変]

㋐人が存在する。そこにいる。「海外に何年―・られましたか」
㋑「いる」の古風な、または尊大な言い方。また、「いる」に比べて方言的な響きを帯びる。「君はそこに―・ったのか」「都会にはセミも―・らんようになった」
(「おります」の形で、自分や自分の側の者についていう)「いる」の丁寧な言い方。「五時までは会社に―・ります」
動詞の連用形に付いて用いる。
㋐(相手を軽蔑する気持ちを込めて)…やがる。「あんなやつに負け―・って」
㋑自分を卑下する気持ちを表す。
「私も隣の京屋にゐ―・ります」〈伎・夕霧七年忌〉
(「立つ」に対して)すわっている。
「しきたへの床の辺(へ)去らず立てれども―・れどもともに戯(たはぶ)れ」〈・九〇四〉
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「」を添えた形に付いて用いる。
㋐「…ている」の古風な、または尊大な言い方。「そこに控えて―・れ」
㋑(「…ております」の形で)「…ている」の丁寧な言い方。「ただ今、外出して―・ります」
[補説](1)助動詞「れる」の付いた「おられる」「…ておられる」の形で尊敬表現に用いられる。(2)もとはラ変活用室町時代以後、四段活用に変化。
[可能]おれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いる【居る】

( 動上一 ) [文] ワ上一 
人・動物がその場所に存在する。おる。 「人のない部屋」 「池には鯉こいいる
友人や敵などその人にかかわる人が存在する。 「私には妻子がいる」 「彼には良い友人がたくさんいる
座る。腰をおろす。 「 ても立ってもいられない」 「かく立てるはなぞ。侍れ/落窪 1
人がある地位につく。 「御むすめの女御、后に給ひぬ/落窪 4
鳥・虫などがある物の上などにとまる。 「蠅…ただよろづの物に、顔などにぬれ足してゐるなどよ/枕草子 43
雲・塵ちりなど、上方に広がりうるものが下方にとどまる。 「纏向まきむくのあなしの山に雲つつ雨は降れどもぬれつつそ来し/万葉集 3126」 「(琴ニ)手触れらるる人も無ければ、みな塵にたり/宇津保 初秋
(「腹が居る」の形で)怒りがおさまる。 「梶原この詞に腹がて/平家 9
(「腹を居る」の形で)怒りをしずめる。 「目の前へつれていて、たたきころして腹をゐる/浄瑠璃・長町女腹切
(補助動詞)
形容動詞の連用形「…で」を受け、…であるの意を表す。 「その後、達者でいるかい」 「いつまでも元気でてほしい」
打ち消しの「…ずに」「…ないで」を受けて、…しない状態の持続を表す。 「終了の鐘が鳴ったのも知らないでいる」 「服も脱がずにいる
動詞の連用形に助詞「て(で)」の付いた形を受ける。
主体の動きを表す動詞に付いて、その動きが継続・進行中であることを表す。 「空を飛んでいる鳥」 「雨が降っている」 「今、手紙を書いている
主体の変化を表す動詞に付いて、その結果が持続していることを表す。 「入り口のドアがあいている」 「時計が止まっている」 「小鳥が死んでいる
その状態であることを表す。 「母親によく似ている」 「この計画はばかげている」 「日本は海に囲まれている
その動作が習慣的に反復されることを表す。 「この川はしばしば氾濫をおこしている」 「あの店はいつも混んでいる」 「昔から…と言われている
過去に完了した動作を表す。 「少年使節一行はローマ教皇にも会っている」 「君はよく勉強しているなあ」 〔上代の上二段動詞「う」を上一段に再活用させたものとする説がある。「いる」は本来「立つ」に対する、すわる、その場を動かないでいる意で用いられ、動的な性格が強いのに対して、「おる」はある状態のまま存在する意で、状態性が強い〕 → ある(補説欄)

おる【居る】

( 動五 ) [文] ラ変 を・り
人・動物が存在する。そこにある。また、そこにとどまっている。
自分の動作を卑下したり他人の言動をさげすんだりする気持ちの含まれることが多い。時には尊大な物言いに用いられることもある。 「明日はまだ東京に-・る」 「いろいろ文句を言う者が-・るので困る」 「屋根の上に猫が-・る」 「昔はこの辺にも狸たぬきが-・ったもんだ」
「おります」で丁寧な言い方、「おられる(おられます)」で尊敬の言い方として用いられる。 「きょうは一日じゅう家に-・ります」 「先生は昔、仙台に-・られたことがある」
古くは無生物についても用いた。 「埼玉さきたまの津に-・る船の風をいたみ/万葉集 3380
座る。腰をおろす。 「しきたへの床の辺去らず立てれども-・れどもともに戯れ/万葉集 904
そのままの状態でいる。ずっとそこにいる。 「色ごのみなる男、長岡といふ所に家作りて-・りけり/伊勢 58
(補助動詞)
動詞の連用形、またそれに助詞「て(で)」の付いたものに付いて、動作・状態が続いていることを表す。やや尊大な言い方として用いられることがあり、また、「ております」「おられる」の形で丁寧な言い方や尊敬の言い方としても用いられる。 「テレビは今ではたいていの家で持って-・ります」 「ここ数年だれも住んで-・らず、荒れ放題に荒れている」 「私はここで待って-・ります」 「地下は駐車場になって-・ります」 「先生はすでに知って-・られるようだ」 「そんなことは聞かなくともわかって-・る」
動詞の連用形に付いて、自分の動作を卑下したり、他人の動作をさげすんだりする時に用いる。 「あいつめ逃げ-・ったか」 「私も隣の京屋にゐ-・ります/歌舞伎・夕霧七年忌」 「いつしかも都を見むと思ひつつ語らひ-・れど/万葉集 886」 〔 (1) 「ゐる」の連用形にラ変動詞「あり」の付いた「ゐあり」の転とする説がある。じっとすわり続けている意が原義で、状態性の意が強いことから、古くから動作の継続・進行の意を表す補助動詞としても用いられた。 (2) 中世後期の口語ではラ行四段が一般的となった〕 → いる(居)
[可能] おれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

居るの関連キーワード射る鋳る落ち居る恋いる強いる率いる盲いるつい居る並居る寄り居る

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

居るの関連情報