コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行く イク

デジタル大辞泉の解説

い・く【行く】

[動カ五(四)]ゆく

ゆ・く【行く/逝く/往く】

[動カ五(四)]
向こうへ移動する。「はやく―・け」
目的地へ向かって進む。「学校へ―・く」
歩く。歩いて進む。「悪路を―・く」
通り過ぎる。「沖を―・く船」
年月が経過する。「―・く秋を惜しむ」
流れる。「―・く水のごとく」
(逝く)死ぬ。「君―・きて三年」
物事がはかどる。「うまく―・かない」
物事をする。「前の方法で―・くことにする」
10 気持ちが十分満足する。「納得が―・く」
11 年をとる。成長する。「年の―・かない子供」
12 嫁に行く。とつぐ。「末娘も嫁に―・く年ごろになった」
13 (「いく」の形で)俗に、性交時の快感が絶頂に達する。
14 (補助動詞)動作の継続・進行の意を表す。「やせて―・く」
[可能]ゆける
[補説]「いく」の語形も上代からみられ、平安時代以降は「ゆく」と併用される。「ゆく」「いく」はほとんど意味は同じであるが、古くは「ゆく」のほうがより広く使われ、特に訓点資料・和歌(「生く」との掛け詞の場合を除き)では、ほとんどすべてが「ゆく」である。現在では「ゆく」に比べて「いく」のほうが話し言葉的な感じをもち、したがって、「過ぎ行く」「散り行く」など、文章語的な語の場合には「ゆく」となるのが普通である。なお、「ゆきて」のイ音便形「ゆいて」も用いられたが、現在は一般的でなく、促音便形は「ゆく」のほうは用いられず、「いく」を用いて「いって」「いった」となる。
[下接句]後(あと)へも先へも行かぬ裏の裏を行く地(じ)で行く千万人といえども吾(われ)往(ゆ)かん天馬空を行く得心が行く年が行く捗(はか)が行く人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如(ごと)し一筋縄では行かない目が行く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

行くの関連キーワード連れ立つ・連立つ選言的三段論法ノンストップ思案に落ちる波路・浪路友船・伴船闇の夜のジョナる拾い歩きスタバる引かれ者死出の旅笹分け衣打連れる行く先先デニる率いる山伝い磯伝い行掛け

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行くの関連情報