コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御判焼 ゴハンヤキ

2件 の用語解説(御判焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごはん‐やき【御判焼】

薩摩焼で、藩主島津義弘および家久がすぐれた作に自ら刻印を押したもの。御判手(ごはんて)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごはんやき【御判焼】

慶長(1596~1615)頃に薩摩で作られた陶器。文禄の役で島津義弘の捕虜となった朝鮮人金海が薩摩に住して焼いた高麗伝法の陶器で、佳品には藩主自ら印判を押した。御判手。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone