刻印(読み)コクイン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 印判を彫ること。また、その印判。〔史記‐留侯世家〕
② (━する) しるしを刻みつけること。また、そのしるし。比喩的にも用いる。
※死霊‐一章(1946‐48)〈埴谷雄高〉「背に金文字を刻印された数多い書物が」
③ はっきりとした特徴や動かしがたい証拠。極印。〔書言字考節用集(1717)〕
※日本文学史の方法論への試み(1971)〈加藤周一〉三「利休の仕事は、五山文学と同じ時代精神の刻印を受けているが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刻印の関連情報