御剣を賜うの儀(読み)ぎょけんをたまうのぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御剣を賜うの儀
ぎょけんをたまうのぎ

皇室儀式の一つ。賜剣の儀(しけんのぎ)ともいう。天皇または内廷皇族に子(新宮)が生まれた際、誕生当日に天皇が赤地錦の袋におさめた白鞘(しろさや)直刀を守り刀として授ける。女子(内親王)の場合は剣のほかに袴(はかま)を添えるのが慣例である。[編集部]
『清水一郎、畠山和久監修『平成の皇室事典』(1995・毎日新聞社) ▽主婦の友社編・刊『新版 平成皇室事典』(1999)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android