御名御璽(読み)ぎょめいぎょじ

大辞林 第三版の解説

ぎょめいぎょじ【御名御璽】

天皇の名前と天皇の公印。詔勅などの末尾に御名と御璽が記されていることを表す。法律の公布にあたっても記される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょめい‐ぎょじ【御名御璽】

〘名〙 天皇の名と天皇の印。詔勅などの末尾に天皇の署名と印がしるされていることを表わす場合にいう。
※風俗画報‐二八四号(1904)宣戦の大詔御名 御璽 明治三十七年二月十日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android