御璽(読み)ぎょじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御璽
ぎょじ

天皇の内印。 (1) 令制では方3寸の銅製で,「天皇」の4字を篆刻する。5位以上の位記および諸国に下す公文書に押す。その請印少納言が奏上して捺印を請い,勅許後,少納言監臨のもとに,主鈴が出納,捺印する。 (2) 1874年新たに金印,曲尺方3寸と定めたものが,今日用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐じ【御璽】

天皇印章。天皇の行為であることの証明として、法律政令などの公布文や認証文に押される。玉璽御印(ぎょいん)。

み‐しるし【璽】

皇位を示すしるし。三種の神器。特に、玉。
「天皇の―をたてまつる」〈允恭紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御璽【ぎょじ】

天皇の印章。天皇の国事行為のうち詔書,法律,政令,条約,信任状などの公文書,認証官以上の官記,四位以上の位記(位階を授けるとき発給する公文書)に押される。国璽とともに宮内庁が保管する。印文は〈天皇御璽〉。1874年以前は2寸7分角で銅材,それ以後は3寸角で金材。
→関連項目印章偽造罪宮内庁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょじ【御璽】

天皇の印。天皇の公印。印文は「天皇御璽」。古代以来何回か改印され、時代により違いがあるが、現在のものは1874年(明治7)より用いられ、曲尺方三寸(約9.1センチメートル 平方)・篆書体・黄金製。内閣総理大臣・最高裁長官の任命書、天皇の国事行為に伴って発せられる文書に用いられる。 → 内印

みしるし【御璽】

皇位継承のしるしである神器。 「天子の鏡みかがみみはかしの-を上たてまつりて/日本書紀 継体訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御璽
ぎょじ

天皇の印。角印で「天皇御璽」の4文字が刻まれている。養老令(ようろうりょう)に内印として規定されており、「おおみしるし」ともよばれた。材質は、普通、銅と錫(すず)の合金で、幕末までに幾度も改鋳された。御璽は少納言(しょうなごん)が監し、五位以上の位記と諸国に下す公文等に押された。明治維新後、1871年(明治4)新たに安部井音人(あべいおとひと)によって、金印の御璽がつくられた。角印で、大きさは方9.09センチメートル(3寸)、重さ3.55キログラム。御璽は、詔書、法律、政令、条約書、認証官以上の官記に、天皇の親署の下方に押される。戦前は、内大臣府が御璽を保管し、天皇の1泊以上の旅行には、内大臣秘書官が持参した。現在は、侍従職が御璽を国璽とともに保管し、御璽と国璽に関する事務を管掌している。[村上重良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御璽の関連情報