コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御璽 ぎょじ

7件 の用語解説(御璽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御璽
ぎょじ

天皇の内印。 (1) 令制では方3寸の銅製で,「天皇御璽」の4字を篆刻する。5位以上の位記および諸国に下す公文書に押す。その請印は少納言が奏上して捺印を請い,勅許後,少納言監臨のもとに,主鈴が出納,捺印する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐じ【御璽】

天皇の印章。天皇の行為であることの証明として、法律政令などの公布文や認証文に押される。玉璽。御印(ぎょいん)。

み‐しるし【璽】

皇位を示すしるし三種の神器。特に、玉。
「天皇の―をたてまつる」〈允恭紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御璽【ぎょじ】

天皇の印章。天皇の国事行為のうち詔書,法律,政令,条約,信任状などの公文書,認証官以上の官記,四位以上の位記(位階を授けるとき発給する公文書)に押される。国璽とともに宮内庁が保管する。
→関連項目印章偽造罪宮内庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぎょじ【御璽】

天皇の印。天皇の公印。印文は「天皇御璽」。古代以来何回か改印され、時代により違いがあるが、現在のものは1874年(明治7)より用いられ、曲尺方三寸(約9.1センチメートル 平方)・篆書体・黄金製。内閣総理大臣・最高裁長官の任命書、天皇の国事行為に伴って発せられる文書に用いられる。 → 内印

みしるし【御璽】

皇位継承のしるしである神器。 「天子の鏡みかがみみはかしの-を上たてまつりて/日本書紀 継体訓

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御璽
ぎょじ

天皇の印。角印で「天皇御璽」の4文字が刻まれている。養老令(ようろうりょう)に内印として規定されており、「おおみしるし」ともよばれた。材質は、普通、銅と錫(すず)の合金で、幕末までに幾度も改鋳された。御璽は少納言(しょうなごん)が監し、五位以上の位記と諸国に下す公文等に押された。明治維新後、1871年(明治4)新たに安部井音人(あべいおとひと)によって、金印の御璽がつくられた。角印で、大きさは方9.09センチメートル(3寸)、重さ3.55キログラム。御璽は、詔書、法律、政令、条約書、認証官以上の官記に、天皇の親署の下方に押される。戦前は、内大臣府が御璽を保管し、天皇の1泊以上の旅行には、内大臣秘書官が持参した。現在は、侍従職が御璽を国璽とともに保管し、御璽と国璽に関する事務を管掌している。[村上重良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御璽の関連キーワード後崇光太上天皇崇道天皇大御祖御名聖算勅筆追尊天皇熊津彦命日影皇女荑媛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御璽の関連情報