御璽(読み)ぎょじ

  • ▽御▽璽
  • おおみしるし おほみ‥
  • みしるし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天皇の内印。 (1) 令制では方3寸の銅製で,「天皇」の4字を篆刻する。5位以上の位記および諸国に下す公文書に押す。その請印少納言が奏上して捺印を請い,勅許後,少納言監臨のもとに,主鈴出納,捺印する。 (2) 1874年新たに金印,曲尺方3寸と定めたものが,今日用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

天皇の印章。天皇の国事行為のうち詔書,法律,政令,条約,信任状などの公文書,認証官以上の官記,四位以上の位記(位階を授けるとき発給する公文書)に押される。国璽とともに宮内庁が保管する。印文は〈天皇御璽〉。1874年以前は2寸7分角で銅材,それ以後は3寸角で金材。
→関連項目印章偽造罪宮内庁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天皇の印。角印で「天皇御璽」の4文字が刻まれている。養老令(ようろうりょう)に内印として規定されており、「おおみしるし」ともよばれた。材質は、普通、銅と錫(すず)の合金で、幕末までに幾度も改鋳された。御璽は少納言(しょうなごん)が監し、五位以上の位記と諸国に下す公文等に押された。明治維新後、1871年(明治4)新たに安部井音人(あべいおとひと)によって、金印の御璽がつくられた。角印で、大きさは方9.09センチメートル(3寸)、重さ3.55キログラム。御璽は、詔書、法律、政令、条約書、認証官以上の官記に、天皇の親署の下方に押される。戦前は、内大臣府が御璽を保管し、天皇の1泊以上の旅行には、内大臣秘書官が持参した。現在は、侍従職が御璽を国璽とともに保管し、御璽と国璽に関する事務を管掌している。

[村上重良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「おおみ」は接頭語) 天皇の御印。玉璽。
〘名〙 (「璽」は帝王の印の尊称) 帝王の印形。天皇の印。三寸の方形につくられる。現在、日本では詔書、親任官・認証官の官記、親授・勅授の位記に用いる。また、詔勅などの末尾に天皇の印がしるされていることを表わす場合にもいう。玉璽。御印(ぎょいん)。〔広益熟字典(1874)〕〔史記‐始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御璽の関連情報