大詔(読み)タイショウ

  • たいしょう ‥セウ
  • たいしょう〔セウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 天皇が広く国民に告げる重大なみことのり。
※日本‐明治三四年(1901)三月一四日「又も大詔の渙発となり天下の義憤を集めて将に伊藤侯の頭上に破裂せんとするを見」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android