コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御園紹元 みその つぐもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御園紹元 みその-つぐもと

1836-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)7年生まれ。加賀金沢藩士。軍艦操練所,昌平黌(しょうへいこう)にはいり,諸藩の尊攘(そんじょう)派とまじわる。禁門の変後,藩内勤王党弾圧の報をきいて帰藩。禁固となり,慶応3年3月26日獄死。32歳。本姓は瀬尾。通称は五右衛門,余一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

御園紹元の関連キーワード天保幕末武士

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android