コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御寝 ギョシン

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐しん【御寝】

寝ることの意の尊敬語。おやすみ。
「長き夜すがら―もならず」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょし【御寝】

〔「ぎょしん(御寝)」の撥音「ん」の無表記〕
「寝ること」の尊敬語。 「ゆるりとちぢかまつて-なりませ/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

ぎょしん【御寝】

貴人などが寝ること。おやすみ。ぎょし。 「さんぬる夜-のならざりしゆへなりとて/平家 4
[句項目] 御寝ある 御寝なる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御寝の関連キーワード御・漁・禦・馭・魚伊賀越道中双六みやき(町)十編の菅薦大殿籠もり成る・為る去んぬる木戸満範御座直し夜の御殿御寝なる御寝あるうらぐ御息所書院造桂離宮寝御寝室三根更衣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android