コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御帯解御祝 おんおびときおいわい

1件 の用語解説(御帯解御祝の意味・用語解説を検索)

献辞辞典の解説

御帯解御祝

「帯解き」とは、七五三のお祝いとして七歳女児の両親に対して贈る金品の表書きの献辞 ( 上書き ) に用いられるものです。古くは宮中の儀式 ( 御帯解きの儀 )に発祥するもので、女児七歳時の11月15日に、出生後の無事感謝と今後の成長祈願のために神社に詣でてお祓いを受けます。御帯解きの儀 :元は男児五歳、女児七歳時に行われた「帯を付け始める」お祝いの儀式で、子供着の付け紐から正式な帯に使い変えることを言います。後に武家社会でも執り入れられるようになって、「御袴着の儀」が男児の五歳時の儀式としたことにあわせて、「御帯解きの儀」が女児七歳の儀式として定着しました。※以前は数え歳で行われていたが現在では満年齢行われることが多くなっています。

出典|(株)ササガワ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御帯解御祝の関連キーワード七五三帯親帯解き帯解き姿紐解き五五三五三の桐七五三の膳奈河七五三助(2代)奈河七五三助(4代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone