コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座さふ オワサウ

デジタル大辞泉の解説

おわさ・う〔おはさふ〕【座さふ】

[動ハ四]《「おわしあう」の音変化》
複数者の「ある」「居る」「行く」「来る」の尊敬語。(人々が)いらっしゃる。
「この―・ふ人々に…聞かせたてまつらむ」〈大鏡・序〉
(補助動詞)(人々が)…ていらっしゃる。
「生まれ給ひつる御子をうつくしみ―・ふ」〈宇津保・国譲中〉

おわそ・う〔おはさふ〕【座さふ】

[動ハ四]おわさう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おわさう【御座さふ】

( 動四 )
〔「おわしあう」の転〕
複数の人々が「ある」「いる」「行く」「来る」の意の尊敬語。 「昔物語してこの-・ふ人々に…と聞かせ奉らむ/大鏡
(補助動詞) 動詞の連用形に付いて、複数の人々が…ている、の意の尊敬語。(人々が)…ていらっしゃる。 「おとど、宮、よろこび給ふことかぎりなし。…生まれ給ひつる御子をうつくしみ-・ふ/宇津保 国譲中

おわそう【御座さふ】

( 動四 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御座さふの関連キーワード補助動詞

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android