御戸開(読み)みとびらき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 神殿の扉を開く行事。御開帳。
※五社百首(1190)「瑞籬や五月のけふの御戸ひらき飾る菖蒲の香さへなつかし」
② 修験道で、山開きのことをいう。《季・夏》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android