五月(読み)ゴガツ

  • いつつき
  • ごがつ ‥グヮツ
  • ごがつ〔グワツ〕
  • さつき
  • 五月 (サツキ)
  • 五月/皐=月/▽早月

デジタル大辞泉の解説

一年の5番目の月。さつき 夏》「えにしだの黄にむせびたる―かな/万太郎
陰暦5月のこと。 夏》「庭土に―の蠅の親しさよ/竜之介
ツツジ科の常緑低木。関東以西の河岸の岩上などに自生。初夏、枝先に紅紫色の花をつける。観賞用で、数多くの園芸品種がある。さつきつつじ。 夏》「―咲く庭や岩根の黴(かび)ながら/太祇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰暦5月の異称で、皐月とも書く。節は仲夏にあたる。田に早苗を盛んに植えるので「早苗月」といったのが略されたものとか、「五月雨(さみだれ)月」を約したものといった語源説がある。五月雨とよぶ長雨の続くうっとうしい季節で、五月雲(さつきぐも)とよばれる厚い雨雲が垂れ込め、夜も五月闇(やみ)といわれる暗い闇夜が続き、晴れ間の待たれる日々であるが、その晴れ間がいわゆる五月晴れである。またこの月の5日は「五月の節」、端午の節供で、五月幟(のぼり)や五月鯉(ごい)を立てる。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 五か月。特に懐妊してから五か月目。この月に岩田帯を締める。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「又もけしきばみ給ひて、いつ月ばかりにぞなり給へれば」
〘名〙 一年の第五番目に当たる月。仏教では三長斎月の一つとして、精進して、悪事を慎む。さつき。さなえづき。ごがち。《季・夏》
※枕(10C終)二「頃は正月・三月・四月・五月・七八九月・十一二月、すべてをりにつけつつ、一とせながらをかし」 〔法苑珠林‐八八〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五月の関連情報