コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御料所奉行 ごりょうしょぶぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

ごりょうしょぶぎょう【御料所奉行】

室町時代中後期,禁裏(皇室)御領を管理するために朝廷内に置かれた役人。1436年(永享8)に三条実量が任命されたのを初見とし,98年(明応7)には三条実望が任ぜられ,1502年(文亀2)ごろの勧修寺(かじゆうじ)政顕,13年(永正10)までその職にあった広橋守光,守光に代わって任ぜられた三条西実隆,61年(永禄4)ごろの三条西公条などが知られている。これらの人々はいずれも幕府,武家との強い関係をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

御料所奉行の関連キーワード御料所