コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御春有世 みはるの ありよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御春有世 みはるの-ありよ

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)4年(862)河内(かわち)(大阪府)から左京に籍をうつす。6年百済宿禰(くだらのすくね)から御春朝臣(あそん)に氏姓をあらためた。元慶(がんぎょう)4年(880)河内の飛鳥戸(あすかべ)神社春秋祭の費用にあてるため田1町をあたえられる。のち主殿権允(とのもりのごんのじょう)。従五位下。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

御春有世の関連キーワード百済有雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android