御法の花(読み)みのりのはな

精選版 日本国語大辞典「御法の花」の解説

みのり【御法】 の 花(はな)

仏法の高貴さを花にたとえていう語。天台宗で聖典とする法華経。また、蓮の花。のりのはな。
※後拾遺(1086)釈教・一一八六「さきがたき御法のはなにおく露ややがて衣の玉となるらん〈康資王母〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android