コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御用取次 ゴヨウトリツギ

世界大百科事典内の御用取次の言及

【側衆】より

…81年(天和1)側用人創設までは将軍側近最高の役であった。1716年(享保1)8代将軍吉宗は側用人を置かぬ代りに,側衆の中に御用取次の役を設け,その後常置の役となった。昇進コースは多様であるが,概して大番頭,留守居,小姓組番頭,書院番頭などを経て昇る者が多く,享保期をすぎてから奥詰,奥勤から昇る者が増加する。…

※「御用取次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御用取次の関連キーワード寛政の三忠臣牧野権六郎大久保一翁加納久通江戸幕府側用取次有馬氏倫跡部良弼水野忠邦享保改革久世重之田沼意次水野忠篤稲葉正明尾崎称斎水野忠友新見正路横田準松大岡忠光御庭番

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android