コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御用部屋 ごようべや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御用部屋
ごようべや

江戸城における大老老中若年寄詰所。ここで幕政の決議が行われた。最初は将軍居室に近い「中の間」であったが,貞享1 (1684) 年8月,稲葉正休による大老堀田正俊の刺殺事件が起きてからは,将軍の居室から御用部屋を遠ざけた。それが将軍と老中たちとの間の御用取次ぎをする側用人の勢力を増大させる原因となった。諸藩にも類似の部屋があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

御用部屋【ごようべや】

江戸城本丸内にあり,大老老中若年寄が常時詰めて幕政の協議と執務を行った部屋。初め将軍居室に近い〈中の間〉を当てたが,1684年大老堀田正俊が稲葉正休にここで刺されて後,少し離れた〈膳立(ぜんだて)の間〉に移された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごようべや【御用部屋】

江戸城本丸御殿で,大老・老中・若年寄が執務した部屋。初期は将軍御座間(ござのま)の近くにあったが,老中・若年寄の側近的性格が薄れた中期以降は,1684年(貞享1)大老堀田正俊の刺殺事件をきっかけに,将軍の日常生活空間である中奥(なかおく)から表に移された。大名家の江戸屋敷や藩庁でも,家老が執務する部屋を御用部屋といい,ここで処理された案件を右筆が記録したのが,いわゆる《御用部屋日記》である。【高木 昭作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごようべや【御用部屋】

江戸時代、老中・若年寄が政務を執った、江戸城内の部屋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御用部屋
ごようべや

一般には江戸幕府の大老、老中、若年寄ら閣老の殿中における詰所(執務室)をいう。部屋は2局に分かれ、上之間(かみのま)には老中、下之間には若年寄が詰め、大老は上之間の入側上座に一画し、そこで執務した。5代将軍徳川綱吉(つなよし)の初政まで、閣老の詰所は奉行所(ぶぎょうしょ)と称し、奥の将軍の居室である御座之間の近室に置かれていた。しかるに、1684年(貞享1)奉行所の傍らで大老堀田正俊(まさとし)が若年寄稲葉正休(まさやす)に殺害されたのを契機にし、将軍の身に危険が及ぶのを恐れて、将軍側近の奉行所は廃止され、閣老の執務室は御座之間からはほど遠い膳立(ぜんだて)之間に移されて、そこを御用部屋と称するようになった。この結果、隔離された閣老と将軍との間には、政務の取次役として側用人(そばようにん)や側衆らが介在するようになり、いわゆる側近政治を生み出すことになった。ちなみに、御用部屋に出入りを許されたのは、閣老の秘書官たる性格をもつ奥右筆(おくゆうひつ)のみに限られ、諸役人の入室はいっさい禁止された。また諸藩のなかには、家老らの詰所を御用部屋とよぶところもあった。[北原章男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の御用部屋の言及

【御触書集成】より

高札(こうさつ)も御触書の一種と見てよい。御触書は老中,若年寄の合議体である御用部屋で方針を定め,奥右筆組頭が調査,起案し,将軍の裁可によって制定法となる。表右筆は書付(かきつけ)と称するその写しを作成し,支配の筋に応じて諸方面に配布した。…

※「御用部屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御用部屋の関連キーワード江戸幕府日記御触書集成土圭の間江戸時代上の間御触書奉行所六尺

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android