御用学者(読み)ゴヨウガクシャ

大辞林 第三版の解説

ごようがくしゃ【御用学者】

時の政府や権力者に迎合して、その利益となる説を述べる学者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごよう‐がくしゃ【御用学者】

〘名〙 時の政府・権力者にへつらい、その擁護を意図した説をとなえる学者をあざけっていう語。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「オヤ先(ま)あ貴君(あなた)も御用学者になるの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御用学者の関連情報