コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御見逸れ オミソレ

2件 の用語解説(御見逸れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐みそれ【御見逸れ】

[名](スル)
行き会っても、その相手に気づかないこと、また、だれだか思いつかないことを謙遜(けんそん)していうあいさつ語。「ついお見逸れしました」
相手の才能・手腕などに気づかないでいること。自分のまちがった見方をわびるときに用いる。「これほどお詳しいとは、お見逸れしました」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おみそれ【御見逸れ】

( 名 ) スル
会っても気づかなかったり、だれであるか思い出せなかったりした時に言う語。 「これは-しました」
相手の能力・技量などをみそこなっていたことをわびる気持ちを表していう語。 「見事なお手並み、-しました」 → みそれる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone