コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御髪置御祝 おんかみおきおいわい

献辞辞典の解説

御髪置御祝

「髪置き」とは「櫛置き」とも言われ、七五三のお祝いとして三歳児童の両親に対して贈る金品の表書き献辞 ( 上書き ) に用いられるものです。古くは宮中の儀式 ( 御髪置きの儀 ) に発祥するもので、男児・女児ともに三歳時の11月15日に、出生後の無事感謝と今後の成長祈願のために神社に詣でてお祓いを受けます。御髪置きの儀 :男児・女児ともに三歳時に、髪を櫛で左右に梳き分けた「髪を伸ばし始める」お祝いの儀式で、以前は数え歳で行われていたが現在では満年齢で行われることが多くなっています。※以前は数え歳で行われていたが現在では満年齢で行われることが多くなっています。

出典|(株)ササガワ献辞辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android