コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環選抜 じゅんかんせんばつ recurrent selection

1件 の用語解説(循環選抜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんかんせんばつ【循環選抜 recurrent selection】

品種改良で実施している選抜方法の一つで,選抜と交雑とを繰り返して,優良遺伝子を集積しようとする操作をいう。自殖も他殖も容易なトウモロコシの育種で開発され,おもに他殖性作物に応用されてきた選抜技術である。まず供試材料から優良個体を複数選抜し,次の世代で個体間の相互交配や自然交雑を行う。この交雑種子を栽培して,順次,後の世代にわたって同様の選抜と交雑とを繰り返していく。循環選抜には表現型選抜法,一般組合せ能力循環選抜法,特定組合せ能力選抜法,相反循環選抜法などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

循環選抜の関連キーワード育種点推定米茄子圧空成形乾塩漬法示差走査熱量測定曝気酸化池法ろ(濾)過区画整理面積松岡直右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone