コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環選抜 じゅんかんせんばつrecurrent selection

1件 の用語解説(循環選抜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんかんせんばつ【循環選抜 recurrent selection】

品種改良で実施している選抜方法の一つで,選抜と交雑とを繰り返して,優良遺伝子を集積しようとする操作をいう。自殖も他殖も容易なトウモロコシの育種で開発され,おもに他殖性作物に応用されてきた選抜技術である。まず供試材料から優良個体を複数選抜し,次の世代で個体間の相互交配や自然交雑を行う。この交雑種子を栽培して,順次,後の世代にわたって同様の選抜と交雑とを繰り返していく。循環選抜には表現型選抜法,一般組合せ能力循環選抜法,特定組合せ能力選抜法,相反循環選抜法などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone