コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微塵粉 ミジンコ

デジタル大辞泉の解説

みじん‐こ〔ミヂン‐〕【×塵粉】

糯米(もちごめ)を蒸して乾燥させ、ひいて粉にしたもの。落雁(らくがん)などの菓子の材料。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

微塵粉【みじんこ】

精白したもち米を蒸し,ローラーでせんべい状に伸ばし乾燥,これを微細な粉にしたもの。微塵粉よりあらい粉を道明寺粉という。おもに菓子原料とし,落雁(らくがん),打物菓子に用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みじんこ【微塵粉】

蒸して干した糯米もちごめをひいて粉にしたもの。菓子の材料などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

微塵粉の関連キーワード塩竈・塩釜・塩竃打ち菓子・打菓子黄身時雨志ほがま越の雪微塵棒粗粉糯米

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android