コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微塵粉 ミジンコ

3件 の用語解説(微塵粉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みじん‐こ〔ミヂン‐〕【×塵粉】

糯米(もちごめ)を蒸して乾燥させ、ひいて粉にしたもの。落雁(らくがん)などの菓子の材料。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

微塵粉【みじんこ】

精白したもち米を蒸し,ローラーせんべい状に伸ばし乾燥,これを微細な粉にしたもの。微塵粉よりあらい粉を道明寺粉という。おもに菓子原料とし,落雁(らくがん),打物菓子に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みじんこ【微塵粉】

蒸して干した糯米もちごめをひいて粉にしたもの。菓子の材料などに用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone