微物(読み)ビブツ

デジタル大辞泉の解説

び‐ぶつ【微物】

極めて小さいもの。非常に細かいもの。ごくわずかなもの。ささやかなもの。とるに足りないほどのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

び‐ぶつ【微物】

〙 ごく小さいもの。少しばかりの物。ささやかなもの。とるに足らぬほどのもの。
※高野山文書‐暦応二年(1339)正月二一日・阿闍梨能賢御影堂陀羅尼田寄進状「抑捧涓塵之微物、廻向于諸方之条、頗雖其憚
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉五「一ち微物(ビブツ)(〈注〉スコシノモノ)と雖も拾ひ取る能はず」 〔書経伝‐伊訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微物の関連情報