コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微視的行動 びしてきこうどうmicroscopic behaviour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微視的行動
びしてきこうどう
microscopic behaviour

生体の筋や腺などの顕微鏡的構造を単位として構成された器官の活動になぞらえて定義された微少な行動巨視的行動に対する用語。たとえばアメリカの社会心理学では,室内に集められた少人数の実験集団にみられる行動を微視的行動,社会における集団行動を巨視的行動として対比し,両者の間に関連性をみようとする研究が盛ん。さらに行動の解発要因を生理的単位に還元しようとする方法論的立場も意味するようになったが,一般には分子的行動同義に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

微視的行動の関連キーワード生体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android