コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微視的行動 びしてきこうどう microscopic behaviour

1件 の用語解説(微視的行動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微視的行動
びしてきこうどう
microscopic behaviour

生体の筋や腺などの顕微鏡的構造を単位として構成された器官の活動になぞらえて定義された微少な行動。巨視的行動に対する用語。たとえばアメリカ社会心理学では,室内に集められた少人数の実験集団にみられる行動を微視的行動,社会における集団行動巨視的行動として対比し,両者の間に関連性をみようとする研究が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

微視的行動の関連キーワード限外顕微鏡顕微鏡写真光学顕微鏡実体顕微鏡赤外線顕微鏡走査電子顕微鏡ディー炭ペリステライト顕微鏡的解剖学《動物および植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的研究》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone