徳川斉朝(読み)とくがわ なりとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川斉朝 とくがわ-なりとも

1793-1850 江戸時代後期の大名。
寛政5年8月23日生まれ。一橋治済の孫。一橋治国の長男。徳川宗睦(むねちか)の養子となり,寛政12年尾張(おわり)名古屋藩主徳川家10代。儒者冢田(つかだ)大峯を起用して藩校明倫堂の授業内容をあらため,活気をもたらした。嘉永(かえい)3年3月30日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android