コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川斉朝 とくがわ なりとも

2件 の用語解説(徳川斉朝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川斉朝

尾張名古屋藩徳川家十代。江戸生。一橋徳川治国の長子。文教に心を寄せ、藩校明倫堂の学制改革を行なう。瀬戸焼の振興に尽力する。嘉永3年(1850)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川斉朝 とくがわ-なりとも

1793-1850 江戸時代後期の大名。
寛政5年8月23日生まれ。一橋治済の孫。一橋治国の長男。徳川宗睦(むねちか)の養子となり,寛政12年尾張(おわり)名古屋藩主徳川家10代。儒者冢田(つかだ)大峯を起用して藩校明倫堂の授業内容をあらため,活気をもたらした。嘉永(かえい)3年3月30日死去。58歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

徳川斉朝の関連キーワード新井静斎池田仲律黒田直侯是一(6代)戸沢正胤堀直興本多忠敬松平定則村瀬櫟園山内豊興

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone