コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川宗睦 とくがわ むねちか

2件 の用語解説(徳川宗睦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川宗睦 とくがわ-むねちか

1733-1800* 江戸時代中期-後期の大名。
享保(きょうほう)18年9月20日生まれ。徳川宗勝(むねかつ)の次男。宝暦11年尾張(おわり)名古屋藩主徳川家9代となる。人材を登用して藩政の改革にあたる。治水,新田開発,殖産興業をすすめ,藩校明倫堂を創設し,聖堂をたてて学問を奨励,名古屋中興の祖といわれた。寛政11年12月20日死去。67歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川宗睦

没年:寛政11.12.20(1800.1.14)
生年:享保18.9.20(1733.10.27)
江戸中期,尾張(名古屋)藩9代藩主。8代藩主徳川宗勝の次男,母は一色古暦の娘お嘉代。江戸に生まれ,寛保2(1742)年元服,宝暦11(1761)年家督を継ぎ,61万9500石を領した。天明1(1781)年従二位権大納言に進んだ。藩政改革を推進し,倹約を励行するとともに瀬戸窯業など諸産業の振興に力を入れるなど財政再建に成功した。領内の治水,新田開発にも努め,家臣団の生活安定も計った。また藩校明倫堂を建て,儒者細井平洲 を督学とし,藩士の教育にも力を注いで,中興の明君といわれた。松平定信を幕府老中に推薦し,成功すると一時幕政の顧問的立場となった。

(上野秀治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川宗睦の言及

【尾張藩】より

…尾張国(愛知県)名古屋に藩庁を置く親藩の大藩。徳川三家の一つ。1600年(慶長5)関ヶ原の戦後,清須城主福島正則に代わり,徳川家康の四男松平忠吉が入封したが,07年無嗣断絶。あとへ家康の9子徳川義直が甲斐より移封,翌年将軍秀忠の尾張一国を領知すべき旨の判物を受けた。しかし当時義直は幼少で駿府の父のもとにあり,国政は傅(もり)役の平岩親吉がとった。10年名古屋築城により,清須から士民を移住させた。11年親吉死去を機に,成瀬正成・竹腰正信を軸とした統治機構の整備,渡辺守綱・石河光忠ら幕臣の付属など,家臣団の形成が活発化した。…

※「徳川宗睦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川宗睦の関連キーワード名古屋名古屋行灯名古屋音頭井上正国須賀亮斎深田厚斎松平勝当松平義敏松平義裕松平義端

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone