コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川治紀 とくがわ はるとし

美術人名辞典の解説

徳川治紀

水戸藩主七世。斉昭(烈公)の父。治保の長子。幼名鶴千代、字徳民、号鶴山。文武に通じ藩治に尽し水戸家中世の賢主と称せられる。和歌を好み、公文学に通ず。文化13年(1816)歿、44才。大正13年正三位を賜られる。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川治紀 とくがわ-はるとし

1773-1816 江戸時代後期の大名。
安永2年10月24日生まれ。徳川治保(はるもり)の長男。文化2年常陸(ひたち)水戸藩主徳川家7代となる。「大日本史」の編修事業を促進し,本紀26巻を朝廷に進呈した。文化13年閏(うるう)8月19日死去。44歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川治紀 (とくがわはるとし)

生年月日:1773年10月24日
江戸時代後期の大名
1816年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

徳川治紀の関連キーワード有栖川宮妃広子吉田友直徳川斉昭立原杏所生年月日二条斉敬松平頼恕大場玉泉徳川斉脩松平頼筠

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android