徳川治紀(読み)とくがわ はるとし

美術人名辞典の解説

徳川治紀

水戸藩主七世。斉昭(烈公)の父。治保の長子。幼名鶴千代、字徳民、号鶴山。文武に通じ藩治に尽し水戸家中世の賢主と称せられる。和歌を好み、公文学に通ず。文化13年(1816)歿、44才。大正13年正三位を賜られる。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

367日誕生日大事典の解説

徳川治紀 (とくがわはるとし)

生年月日:1773年10月24日
江戸時代後期の大名
1816年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android