コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川治保 とくがわ はるもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川治保 とくがわ-はるもり

1751-1805 江戸時代中期-後期の大名。
寛延4年8月16日生まれ。徳川宗翰(むねもと)の長男。明和3年常陸(ひたち)水戸藩主徳川家6代となる。藤田幽谷(ゆうこく)らを登用し,藩政改革にあたる。学問をこのみ,みずから「大日本史」を校訂した。文化2年11月1日死去。55歳。諡(おくりな)は文公。著作に「文公文集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川治保 (とくがわはるもり)

生年月日:1751年8月16日
江戸時代中期;後期の大名
1805年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

徳川治保の関連キーワード大野伝兵衛(6代)長久保赤水松平容敬徳田錦江木村謙次生年月日川口緑野塙保己一立原翠軒立原音吉徳川治紀土屋彦直松平義和後期

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳川治保の関連情報