徳川治保(読み)とくがわ はるもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川治保 とくがわ-はるもり

1751-1805 江戸時代中期-後期の大名。
寛延4年8月16日生まれ。徳川宗翰(むねもと)の長男。明和3年常陸(ひたち)水戸藩主徳川家6代となる。藤田幽谷(ゆうこく)らを登用し,藩政改革にあたる。学問をこのみ,みずから「大日本史」を校訂した。文化2年11月1日死去。55歳。諡(おくりな)は文公。著作に「文公文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳川治保 (とくがわはるもり)

生年月日:1751年8月16日
江戸時代中期;後期の大名
1805年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android