コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳満 とくまん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳満 とくまん

?-? 平安時代後期の僧。
摂津吹田(大阪府)の人。20歳で失明し,山城(京都府)鞍馬(くらま)寺にもうでたが効果がなかった。承暦(じょうりゃく)3年(1079)大和(奈良県)長谷寺で祈願中にみた夢のお告げにしたがい,近江(おうみ)(滋賀県)彦根山の観世音霊場でいのったところ,目がみえるようになり,のち同地にとどまり修行をかさねたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳満の関連キーワード茨城県北相馬郡利根町利根(町)献上三笠利根町

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳満の関連情報