コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳聡 とくそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳聡 とくそう

?-? 飛鳥(あすか)時代の僧。
鵤(いかるが)大寺(法隆寺)の法師。法隆寺蔵「金銅僧徳聡等造像記」(重文)に,片岡王(かたおかおう)寺(放光寺)の令弁,飛鳥寺弁聡とともに,父母の恩にむくいるため観音像をつくったとあり,裏面には,百済(くだら)王族である大原氏の出としるされている。銘文中の甲午年は,持統天皇8年(694)と推定されている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳聡の関連キーワードあすか

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳聡の関連情報