コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹底自然主義 てっていしぜんしゅぎKonsequenter Naturalismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徹底自然主義
てっていしぜんしゅぎ
Konsequenter Naturalismus

19世紀末ドイツに興った文学運動。実験科学の方法と決定論思想を文学に取入れ,人間の性格を決定する要素として環境や遺伝などを重視する自然主義文学は,1880年以降ドイツにも波及したが,A.ホルツはフランスのゾラの理論をさらに徹底させ,「芸術の使命は自然の再現」にあると提唱。 J.シュラーフと共作した小説『ハムレット親父』および戯曲『ゼーリッケ一族』は,若い G.ハウプトマンに決定的な影響を及ぼし,ドイツ自然主義文学の開花を促した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

徹底自然主義の関連キーワードゲーアハルト ハウプトマン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android