心のノート(読み)ココロノノート

デジタル大辞泉の解説

こころ‐の‐ノート【心のノート】

文部科学省が平成14年(2002)より全国配布した、小中学校向けの道徳教材。生命の大切さや自律精神、社会規範などについて考えるための本。一時中断・再配布を経て平成25年(2013)「私たちの道徳」に全面改訂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

心のノート

道徳教育の充実を目指して文科省が約7億円をかけて作り、2002年に全国全ての小中学校へ配った。小学校の低・中・高学年と中学生用の4種類ある。09年に規範意識を重視した内容に改訂された。民主党政権の事業仕分けで「教材選びは地域に任せるべきだ」などとされ、冊子配布からウェブサイト掲載に切り替えられたが、自民党の政権復帰で今年度、再配布された。

(2013-09-18 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android