コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心の暇 ココロノイトマ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐の‐いとま【心の暇】

心に屈託のない時。心の休まる時。心の余裕。
「いとど御―なけれど」〈・賢木〉
口に出さないで、心でひそかにするいとまごい。
「別当の御坊によそながら心のおいとま申せしが」〈浄・扇八景〉

こころ‐の‐ひま【心の暇】

こころのいとま」に同じ。
「秋の夜は月に―ぞなき出づるを待つと入るを惜しむと」〈詞花・秋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心の暇の関連情報