コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈託/屈托 クッタク

デジタル大辞泉の解説

くっ‐たく【屈託/屈×托】

[名](スル)
ある一つのことばかりが気にかかって他のことが手につかないこと。くよくよすること。「―のない顔」
「人は只だ黄金(おかね)のことばっかりに―して」〈木下尚江良人の自白
疲れて飽きること。また、することもなく、退屈すること。
「―そうな顔をして、火箸(ひばし)で火を弄(いじく)っていた」〈秋声・足迹〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くったく【屈託】

( 名 ) スル
気にかかることがあって、心が晴れないこと。ひとつのことにこだわって、くよくよすること。 「 -のない顔つき」
疲れてあきあきすること。 「 -した表情」 「一語も発しないで、皆な-な顔をして/空知川の岸辺 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屈託/屈托の関連キーワードラ・トゥール(Maurice Quintin de La Tour)岡田ロビン翔子(チャオベッラチンクエッティ)モロ(Mari Mörö)フィンランド文学エビ足の少年屈・掘・窟牛島万智子吉田文五郎山下弘太郎渡辺まい打ち遣る伊藤千晃心も無し心もなし心長閑古赤絵心の暇菜虫独歩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android