コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈託/屈托 クッタク

2件 の用語解説(屈託/屈托の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くっ‐たく【屈託/屈×托】

[名](スル)
ある一つのことばかりが気にかかって他のことが手につかないこと。くよくよすること。「―のない顔」
「人は只だ黄金(おかね)のことばっかりに―して」〈木下尚江良人の自白
疲れて飽きること。また、することもなく、退屈すること。
「―そうな顔をして、火箸(ひばし)で火を弄(いじく)っていた」〈秋声・足迹〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くったく【屈託】

( 名 ) スル
気にかかることがあって、心が晴れないこと。ひとつのことにこだわって、くよくよすること。 「 -のない顔つき」
疲れてあきあきすること。 「 -した表情」 「一語も発しないで、皆な-な顔をして/空知川の岸辺 独歩

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone