コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心の関 ココロノセキ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐の‐せき【心の関】

思いが通じないで滞ることを関所にたとえていう語。
「憂き人の―にうちも寝で夢路をさへぞ許さざりける」〈新千載・恋二〉
心の中で念じてせき止めようとすることを関所にたとえていう語。
「惜しめどもとまらで過ぎぬほととぎす―はかひなかりけり」〈月詣集・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころのせき【心の関】

自分の思いを受け入れようとしない他人の心を関所にたとえていう語。 「憂き人の-にうちも寝で夢路をさへぞ許さざりける/新千載 恋二

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心の関の関連キーワードアレクサンドロス(古代ギリシアの哲学者)ボイスバロットの法則関宮[町]神谷美恵子関城[町]胆大小心録関金[町]高松次郎大森荘蔵心身問題憂き人模倣関所関金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心の関の関連情報