コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心の関 ココロノセキ

2件 の用語解説(心の関の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐の‐せき【心の関】

思いが通じないで滞ることを関所にたとえていう語。
「憂き人の―にうちも寝で夢路をさへぞ許さざりける」〈新千載・恋二〉
心の中で念じてせき止めようとすることを関所にたとえていう語。
「惜しめどもとまらで過ぎぬほととぎす―はかひなかりけり」〈月詣集・四〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころのせき【心の関】

自分の思いを受け入れようとしない他人の心を関所にたとえていう語。 「憂き人の-にうちも寝で夢路をさへぞ許さざりける/新千載 恋二

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心の関の関連情報