心焼く(読み)ココロヤク

デジタル大辞泉の解説

心(こころ)焼・く

(「焼く」が四段活用の場合)胸を焦がす。心を悲しみもだえさせる。
「冬ごもり春の大野を焼く人は焼き足らねかも我(あ)が―・く」〈・一三三六〉
(「焼く」が下二段活用の場合)思い焦がれる。
「人に逢はむつきのなきには思ひおきて胸走り火に―・けをり」〈古今・雑体〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こころ【心】 焼(や)

[一] (「焼く」が他動詞四段活用の場合) 心を乱す。胸を焦がす。
※万葉(8C後)七・一三三六「冬こもり春の大野を焼く人は焼きたらねかも吾が情熾(こころやく)
[二] (「焼く」が自動詞下二段活用の場合) 思い焦がれる。心が燃える。
※古今(905‐914)雑体・一〇三〇「人にあはん月のなきには思ひおきてむね走り火に心やけをり〈小野小町〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android