下二段活用(読み)シモニダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

しもにだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【下二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語形五十音図の「エ・ウ」の二段の音(または、それに「る」「れ」「よ」のついた形)で語形変化するもの。例えば、「受く」の語尾が、「け・け・く・くる・くれ・けよ」と変化する類。他に、「得(う)」「上ぐ」「捨つ」「経()」「越ゆ」「植う」など。口語動詞では、基本形が「得(え)る」「上げる」「捨てる」「経(へ)る」「越える」「植える」の形に変化して下一段活用になる。→上二段活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもにだんかつよう【下二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が五十音図のエ・ウの二段にわたって活用するもの。例えば、「捨つ」は「て・て・つ・つる・つれ・てよ」と活用し、語尾に「て」および「つ」が現れる。「得(う)」「受く」「出づ」「植う」などの類。下二段活用の動詞の多くは、口語では下一段活用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プチプラ

値段が安いことを表す日本の俗語。「プチ(小さい)プライス(価格)」の略。ほとんどの場合、女性用のファッションアイテム・化粧品・香水・雑貨などのジャンルで、「安くてかわいい」「手に入りやすい」といった意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android