下二段活用(読み)シモニダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

しもにだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【下二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語形五十音図の「エ・ウ」の二段の音(または、それに「る」「れ」「よ」のついた形)で語形変化するもの。例えば、「受く」の語尾が、「け・け・く・くる・くれ・けよ」と変化する類。他に、「得(う)」「上ぐ」「捨つ」「経(ふ)」「越ゆ」「植う」など。口語動詞では、基本形が「得(え)る」「上げる」「捨てる」「経(へ)る」「越える」「植える」の形に変化して下一段活用になる。→上二段活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもにだんかつよう【下二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が五十音図のエ・ウの二段にわたって活用するもの。例えば、「捨つ」は「て・て・つ・つる・つれ・てよ」と活用し、語尾に「て」および「つ」が現れる。「得(う)」「受く」「出づ」「植う」などの類。下二段活用の動詞の多くは、口語では下一段活用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しもにだん‐かつよう ‥クヮツヨウ【下二段活用】

〘名〙 文語動詞の活用の型の一つ。二段活用のうち、未然・連用形と終止形の活用語尾が、五十音図のエ段とウ段の二段に変化するもの。他の活用形では、連体・已然形は、ウ段にそれぞれ「る」「れ」が、命令形では、エ段に「よ」が加えられる。この型に属する動詞は、四段活用についで数が多く、活用の行としては、五十音図のすべての行に例がある。「得(う)」「寝(ぬ)」「経(ふ)」のように、語幹と活用語尾とを音節として分けられないものもある。文語下二段活用の動詞は、口語ではほとんど下一段活用となる。下二段。下二.〔広日本文典(1897)〕
[補注]本居春庭が「詞の八衢(文化五年刊)」で、現在の上二段活用にあたる「中二段の活」に対して「下二段の活」と名づけたのが最初。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android