コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下二段活用 シモニダンカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

しもにだん‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【下二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語形五十音図の「エ・ウ」の二段の音(または、それに「る」「れ」「よ」のついた形)で語形変化するもの。例えば、「受く」の語尾が、「け・け・く・くる・くれ・けよ」と変化する類。他に、「得(う)」「上ぐ」「捨つ」「経()」「越ゆ」「植う」など。口語動詞では、基本形が「得(え)る」「上げる」「捨てる」「経(へ)る」「越える」「植える」の形に変化して下一段活用になる。→上二段活用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下二段活用【しもにだんかつよう】

活用

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しもにだんかつよう【下二段活用】

文語動詞の活用形式の一。語尾が五十音図のエ・ウの二段にわたって活用するもの。例えば、「捨つ」は「て・て・つ・つる・つれ・てよ」と活用し、語尾に「て」および「つ」が現れる。「得(う)」「受く」「出づ」「植う」などの類。下二段活用の動詞の多くは、口語では下一段活用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下二段活用の関連キーワード愁ふ・憂ふ・愁う・憂う惜しむらくは見参に入る纏る・纒る恐るらくは心に入るさしゃる下紐解く矢を矧ぐ有り得るやしゃる心に付く風に付く正格活用二段活用心に染む口を噤む難付くさんす心入る