大般若経(読み)だいはんにゃきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大般若経
だいはんにゃきょう

仏教経典。『大般若波羅蜜多(はらみった)経』の略称。全600巻。中国、唐の玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)訳。サンスクリット名はマハープラジュニャーパーラミター・スートラMahāprajñāpāramitā-sūtra。この経は、紀元1世紀ごろから個々に成立した般若部の諸経典を集大成した一大叢書(そうしょ)。この経は16部に分かれ、八十余科の名数をあげて、般若波羅蜜、諸法皆空(かいくう)などを明らかにした般若経典集。したがって、この経には、『大品(だいぼん)般若経』『小品般若経』『文殊(もんじゅ)般若経』『金剛(こんごう)般若経』などの諸経典が含まれている。この『大般若経』には、般若経の読誦(どくじゅ)、書写、思索などによる諸功徳(くどく)が説かれていることから、除災招福、鎮護国家などに有益であるとされた。ことにわが国においては、703年(大宝3)文武(もんむ)天皇のとき『大般若経』の転読(経題や経の初中終の数行の略読を繰り返すこと)が行われたことが『続日本紀(しょくにほんぎ)』にみられる。それ以後、わが国では宗派の別なく勅命によりこの転読が行われ、現在でも行われている。

[坂部 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だいはんにゃ‐きょう ‥キャウ【大般若経】

大乗仏教の初期の経典。サンスクリット原典・チベット語訳とも現存する。六〇〇巻。唐の玄奘(げんじょう)が顕慶五年(六六〇)元旦から約四年をかけて翻訳した。空(くう)を説く般若経典類を集大成したもので、四処一六会に分かれる。大般若波羅蜜多経。大般若。
※続日本紀‐大宝三年(703)三月辛未「詔四大寺大般若経

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android